せんせいのコラム

2016年3月 ご卒園おめでとうございます!

今年は暖冬で、早くも園庭のハクモクレンの花も大きく開きはじめました。

いよいよ明日、園の最年長として立派に頑張ってきてくれた年長ぐみのこどもたちが卒園してゆきます。

年少ぐみ、年中ぐみのこどもたちも、22日に平成27年度を修了いたします。

日々大きくなる姿をみて、一年の成長の大きさをあらためて感じています。

くきようちえんには「よいこのことば」というものがあります。

 『よいこ よいこがいまにみんなを良くする

 よいこ よいこがいまに日本を良くする

 よいこ よいこがいまに世界を良くする

 みんな仲良く元気よく よいこ よいこになりましょう』

創立者の高橋忠雄理事長がつくったことばです。こどもたちも在園中に朝の会などで唱えてきました。

お友だちに優しくできる子、自ら考えて行動できる子、善い行いが進んでできる子・・など、よいこの定義はさまざまですが、

こどもたちが、やがて社会に出て誰かの役に立ち、一人一人の力を十分に発揮し、

平和な社会をつくっていってくれたらという願いが込められています。

一人の力がやがて大きな力を生み出し、やがて世界をかえるかもしれません。

年長ぐみさん、自分が周りにいてくれるたくさんの人から愛され、見守られ、育ってきたことを忘れずに、

小学校でものびのびと健やかに、元気いっぱい、そしておおいに活躍してくれることを期待していますよ。

ご卒園、おめでとう・・・。

  • 大切にしていること
  • 教育内容のご紹介
  • 入園をご希望されるかたへ
  • 子育てのお手伝い